学生の方へ

新卒で入職し、はや1年。楽しい研修と先輩方の愛情に育まれ、成長を実感する毎日です

学生の方へ

地域の基幹病院としての役割を担う横須賀共済病院には、 2011年春、70名程度の新人が入職しました。全員、希望にあふれた笑顔で入職し、現在、新人看護職員研修やOJTを中心に教育・研修を受けて、日々、一人前の看護師となるべく、努力を重ねています。

新卒として入職し、元気いっぱい働いている新人3名に、入職動機や入職して数ヶ月が経過した現状をリアルに語ってもらいました。

「病院内に笑顔がこだまして、安心して働ける環境がある」それが横須賀共済病院。


就職活動中は何かと不安を抱えているもの。どうやって就職先となる病院を決めるのか、どのような病院で働きたいのか、看護師としてどのような将来を描くのかなど、人生の中でこの時期にしか経験できない悩みも多いはずです。 説明会や見学会、インターンシップシップ、先輩からの情報収集など、様々なことを経験し、最終的に自分が働くべき場所を探すことになります。そんな経験をした先輩方の話は非常に興味深いものです。

米澤就職活動中は、毎日が必死でした。私の場合、「救命救急センターで働きたい」という強い意志がありましたので、その分、必死だったのかもしれません。先輩方からもびっくりされることが多いのですが、実はインターンシップ4箇所を含めて、見学会なども合わせると8箇所の病院を訪問させていただきました。実際に、資料を見る、インターネット上での情報を見るだけでは、分からないことも多かったので、できる限り自分の足で情報収集するようにしました。やはり、自分で実際に訪問しながら、感じる雰囲気や感覚って大切ですね。

嶋津私も同感です。私の場合も、「1年目から救命救急センターで働きたい」という明確な目標がありました。そこで、まずは情報整理からスタートし、たくさんの情報に埋もれていましたが、やはり、病院説明会や見学会に行くのが一番です。実は、横須賀共済病院に入職したきっかけも病院見学会でした。私の場合、インターンシップは希望しませんでしたが、見学会の時にすれ違う看護師、医師、職員の皆様が、患者さん、ご家族様、そして私たちに対して、誰に対しても笑顔で自然にあいさつしてもらえる、そんな環境が整っていたことが決め手でした。

米澤そうですね。私の場合はインターンシップの時にそれを強く感じました。看護師さんたちの表情がすごく自然な笑顔で、素敵でした。心の底から楽しんで働いている、そんな印象です。インターンシップを経験した中でも群を抜いて素敵な雰囲気を感じ取ることができる病院でした。家庭的な雰囲気とでも言えばいいのかも知れませんね。

佐々木私の場合は、お二人と違って、特にこの部署で働きたい、という明確な目標がなく、「どうやって決めたら良いんだろう?」と悩んだ時期もありました。そんな時、私の母校で病院説明会があり、そのときに来ていた先輩看護師にいろいろ聞いてみて、ひらめきました。それは、私の母校の先輩で、現在、看護師として活躍している方に直接連絡して、いろいろ実際のところを聞いてみようということです。そして数名の先輩看護師に連絡をして、教育研修制度や勤務体系、仕事とプライベートのバランス、福利厚生制度、キャリアアップなど、たくさんのことを聞きました。そして、横須賀共済病院の先輩看護師の話を聞いたときに、「ここだ」と思いました。

嶋津「ここだ」という感覚、私もありました。私の場合は、見学会のときでしたね。横須賀共済病院には見学会の時に、先輩看護師の皆様の写真などがたくさん掲載されているウェルカムボードが用意されており、「私たち、歓迎されている」という感覚がありました。そして、看護師の皆さんの笑顔が連鎖するようなそんな環境、憧れましたね。

佐々木そう、歓迎されているという感じありましたね。「ここだ」と思った後に、横須賀共済病院の見学会に参加し、インターンシップも経験する中で、私が思い描いていた通りの病院だと確信しました。私は性格上、慎重なほうなので、先輩の話、見学会での雰囲気、インターンシップでの経験をトータルで考えて、横須賀共済病院が、最も私に合っていて、安心して働くことができる環境があると実感しました。

新人看護職員研修とOJTの連動、さらに心強いプリセプターがいるので、早期での成長が可能。


当院では、各部署で到達度(ステップ)に応じた教育内容と集合研修により教育が進められます。個々の成長スピードや目標設定に合わせて、着実にレベルアップしていきます。 また、病院という緊張感のある職場では、戸惑うことや不安になることも珍しいことではありません。
そこで新人看護師には3年目以上の先輩看護師が相談役としてサポートするプリセプターシップを導入し、1年間を通じて皆さんの成長を応援していきます。

佐々木入職してからは、毎日が勉強の日々です。全ての部分で1からのスタートです。4月に入職しましたが、数多く実施されている研修の中で、特に集合研修での経験が今でも心に残っています。実践的な研修として、看護師役、患者さん役に分かれて研修が行われたのですが、この研修の中で、患者さん役になったとき、「この対応、とても気持ちいい」「こうされたら、いやな気分になるな」ということが明確になりました。実際に、自分が看護師役になったときに、必死に対応しているのですが、どう対応するかでいっぱいになってしまい、患者さんの気持ちまで考えられないことが多かったように思います。「患者さんの立場に立つ」ことの重要性を改めて研修で学んだような気がします。

嶋津集合研修の場は本当に大切です。集合研修の実技の中で失敗することもあったのですが、その失敗の一つ一つが自分にとってはいい勉強になっています。

米澤私の場合、先輩看護師の存在が心の支えになっています。私のプリセプターとして指導してくれている先輩は入職されて4年目で、私にとって本当のお姉さんのような存在です。とても温和な方で、話しやすく、日々の業務の中で壁にぶつかったとき、何でも相談できる関係を築いていただけました。 また、毎日の自己学習の中で、常に目標を持って勉強を進めているのですが、それを普通にチェックしてくれるだけでなく、一言、手紙を添えてくれたり、本当に感謝の毎日です。

嶋津私も同感です。私のプリセプターは3年目の先輩なのですが、私のことを私以上に理解してくれているように感じることがあります。ミスをして、先輩看護師に怒られていると、タイミングよく一声かけていただけたり、自分が新人看護師だったときのことを話してくれたり、「私をしっかりと育てよう」という気持ちが十分に伝わってきますので、私も一歩ずつ成長しているような気がします。

佐々木プリセプターの先輩看護師の方だけでなく、先輩看護師全員が新人看護師を温かく見守ってくれているように感じます。部署全体、病院全体で「育てる」「フォローする」という意識が強いのではないでしょうか。そんな中で、たくさんの先輩看護師と接する機会がありますので、「こんな看護師になりたい」という将来の目標というか、「目指すべき憧れの人」を探すことができます。そんな看護師の先輩がいるだけで、目標が明確になりますので、充実した毎日を送ることができます。

成長を実感できる環境、充実した福利厚生制度の中で目指すべき将来像が見えてくる


新人看護職員研修にOJT、プリセプター制度、バックアップ制度、専門看護師・認定看護師資格取得支援など、個人の意欲を大切にし、個を伸ばす充実した教 育・研修制度とともに、院内保育所や医学図書館、海の見える職員展望レストラン、職員宿舎、各種クラブ活動など仕事だけでなく、プライベートも充実させる ことができる環境の中、どのような看護師を目指すかは、人それぞれ。3人いれば3通りの将来像を描けるはずです。看護師の皆さんの夢を実現していただくた め、当院では病院全体をあげてサポートしていきます。

佐々木今は5年後、10年後の具体的なビジョンが描けていませんが、1年ごとに成長した自分に出会っていたいと思います。現在は整形外科に所属していますが、看護師として、たくさんの興味・関心があります。整形外科病棟に配属されたことで整形外科の看護業務を極めたいと思う反面、例えば助産師の資格を取りたい、認定看護師の資格も取りたい、とやりたいことだらけです。ただ、自分の現状を冷静に受け止め、できることから一つずつ行っていき、たくさんの出会いがある中で、自分の進むべき方向性を定めていきたいと思っています。

嶋津そうですね。1年目から救命救急センターで働ける環境がある、ラダー研修により段階を追って成長できる環境がある、という理由もあり、横須賀共済病院に入職しましたので、現在は、救命救急センターでの看護業務を自分のものにしていきたいと強く思っています。そして将来的には、漠然としていますが、患者さんの立場に立った看護ができるようになりたいと思っています。

米澤私も今、救命救急センターに所属しています。現在は目の前のことで精一杯ですが、ひとつずつできないことができるようにしていきたいと思います。まずは早く一人前の看護師になりたいです。そして、診療病棟も経験し、将来は専門的に学んでいきたいことを見つけ、認定看護師を目指していきたいと思っています。当院には、認定看護師、専門看護師の先輩方がたくさんいますので、先輩方が何故、専門性を極めたいと思ったのか、現在は何を目的にしているのか、などを聞くチャンスもたくさんありますので、今与えられている環境を活かして、自分の将来像を具体化していきたいと思います。

バックナンバー

2010年

横須賀共済病院の看護部で働くということ
澤田啓子(救急救命センター)
古北あずさ(産科)