新人看護職員研修

入職時から1年間に渡る新人看護職員研修を行っています。


当院では、「新人看護職員研修ガイドライン(厚生労働省)」に基づいた研修プログラムを作成し、院内全体で新人看護職員を支援しています。新人一人ひとりのペースを尊重し、確実に成長できる教育体制を整えています。

1.新人看護職員の教育体制


当院の新人看護職員の教育体制は、プリセプターシップを基本にしたチーム支援型です。
新人看護職員(プリセプティ)には、1年間中心となってサポートしてくれるプリセプターがつきます。
看護職は交代勤務となりますので、日々の指導体制は補助アサインメントとなることもありますが、部署全体、病院全体で新人看護職員をサポートする体制が整っています。

新人看護職員の教育体制


2.新人看護職員の到達目標と学習支援


当院は、キャリアラダーシステムを導入しており、ラダーレベル毎の到達目標を設けています。
新人看護職員は、ラダーレベルⅠに位置付けられています。ラダーレベルⅠでは、レベル別の到達目標に合わせたSTEP表を用いて段階的な教育を行っています。また、STEP毎の目標達成に向けて集合研修とOJTを行っています。

新人看護職員の到達目標と学習支援


3.新人看護職員の技術修得支援


看護師は、複数の患者を受け持ちながら、優先度を考慮したケアを行うための実践能力が求められます。当院では、看護基礎教育(看護専門学校や大学など)で学んだことを土台にし、臨床実践能力を積み上げていくためのツールとして、135項目から成る「臨床実践能力到達度表」を作成し、活用しています。
「経験からの学び」を大切にし、集合研修とOJTの連動によって実践能力の向上を目指します。


4.新人看護職員研修の内容


新人看護職員研修の内容

4月から7月は、基礎看護技術研修が中心となります。院内で使用している物品を使用して演習を行います。 少人数グループで、それぞれのグループにアドバイザーがつくので、安心して学ぶことができます。

新人看護職員研修の内容

6月と10月にはリフレッシュ研修を行っています。久しぶりに配属部署の異なる同期が集まり、ホッとできるひと時です。後半のリフレッシュ研修では、院外に出かけます。

リフレッシュ研修