A棟2階病棟 周産期センター(産科・NICU)・小児科

病床数


産科21床 NICU9床 小児科16床

部署の概要


産科、NICU、小児科の3チームから成り、良好なコミュニケーションによる温かい雰囲気の病棟です。
産科:ハイリスク出産における迅速な対応や家族の立ち会いによるアットホームなお産を推進しています。
NICU:在胎27週からのハイリスク児に対応でき、安全・安心を追求しています。
小児科:急性・慢性疾患、重症心身障害児に対応し保育士との協働による子どもに優しい看護を目指します。
他職種の専門性を活かし連携を図っており、幅広い知識とスキルを身につけることができます。命を育み子どもと家族の未来を支える地域に根ざした病棟として、常に患者目線でのサポートを意識し、全員がプロフェッショナルなレベルでの仕事ができることを目指しています。

主な疾患・治療


産科:経膣分娩 帝王切開 切迫早産 前置胎盤
NICU:早産児 低出生体重児
小児科:喘息・肺炎・川崎病

めざす看護・部署のテーマ


  • 質の高い看護力、人間力を養っていきます。
  • スタッフ全員が患者に寄り添う患者中心の看護を実践することで、患者と家族の最大の満足を目指します。
  • 3チームの円滑なコミュニケーションによって、出産、育児、病児のフォローアップが切れ目なく継続できるよう流れる看護を目指します。

スタッフ構成の特徴


パワフルな若手から、出産・育児経験者、ベテランまで多岐に渡り、妊婦さんの産前産後のサポートとその後のフォローアップを実践しています。赤ちゃんが好き、子どもが好き、人が大好きな総勢50名のスタッフが、日々切磋琢磨しながら看護に励んでいます。